院長紹介

プロフィール

院長 内堀 達也
名前

内堀 達也

生年月日

1986年6月8日

血液型

A型

出身

東京都羽村市(生まれは長野県佐久市)

趣味

食べ歩き番組を見る 子供と遊ぶ

資格

柔道整復師 DRTマスターインストラクター 操体師

治療家になるきっかけ

小学1年生から高校3年生までサッカーに没頭した人生でしたが、その半面、怪我との戦いでもありました。中学生の時に初めて大怪我として骨折を経験し高校ではレギュラーになる為、痛い箇所がありながらも無理してプレーを続けていました。
そんなある日、練習中に腰が痛くなりそのまま放置し続けていたら症状が強くなりプレーに支障が出てしまったので、しっかりと治療をするきっかけにもなり接骨院に通院し続けた結果、症状改善に繋がり思いっきりプレーが出来る喜びもそうですが、困っている人の為に働く仕事も良いなと芽生え治療家になろうという決心もつきました。
それ以降は接骨院で働きながら専門学校で勉強する日々を過ごし念願の柔道整復師という国家資格を取り、同じ腰痛や痛みを抱えている人を助けたいという思いで治療に専念していました。

 

しかし、そこで悩みにもぶつかり治療を行うことで症状が変わる人もいれば、変わらない人もいる、症状が良いのが続く人もいれば、その場は良いがすぐに症状が戻るなど様々な人が見受けられました。
そこで気付いた点として症状がある箇所だけを施術していても原因を取り切れないということで、視点を変えるべく症状以外にも注目してみようと体のバランスや左右差、癖など問診から力を入れ根本的な原因を探し出し施術にあたることで患者さんの症状の変化がみるみる変わり改善率も上がったのに気付かされました。

 

自分も治療家でありながら腰痛に悩まされていました、そこで原因追及や自分でのメンテナンスなどを行い自分の体を知り自分と似た症状を抱えた方に少しでも生涯健康でいられるようなお手伝いをさせて頂きたいので共に健康を維持出来るような体作りをしませんか?
どうしていいのか分からないと一人で悩んでいるのであれば勇気を踏み出しご相談下さい。私はあなたのその勇気を受け止めます。

  

整骨院 ホームページ制作